コインランドリー経営の疑問はここで解決!

このサイトでは始める前に気になる悩みをスッキリ解消してくれるコインランドリー経営のよくある疑問の解決法を紹介し、それ以外にも始め方や必要なコストなどを解説しています。
ネットの情報などを閲覧すると気になる悩みが生じてしまうのは人間の性で、それによってその経営に参入するかを躊躇することも多いです。
そのため気になる悩みは事前に確認しておくことがポイントで、メリットやリスクを比較検討することが適切となります。
疑問が解決したら、軌道に乗らせるだけで済み、目的を達しやすいのも事実です。

始める前の気になる悩みもスッキリ解消!コインランドリー経営のよくある疑問を解決!

始める前の気になる悩みもスッキリ解消!コインランドリー経営のよくある疑問を解決! コインランドリー経営では、最初にその設備に対して投資を行い、その後にランニングコストが発生するので、それと投資した分の回収をメインにするのが一般的です。
よく始める前の悩みで多いのは、まず投資した分を回収することができるのか、それとランニングコストの他にメンテナンスコストもかかるので収益をしっかり上げることができるのかが疑問になります。
そのためコインランドリー経営では、こうした悩みを解消しない限り投資をしにくいのも事実です。
もっともコインランドリー経営に限らず、総ての事業での営業では必要なコストがかかるのも実態ではあります。
もちろんあらかじめどのくらい収益が期待できるのかを算定し、事前にコストに対する悩みを解消しておくと良いです。

コインランドリー経営で稼ぐことができる収益は?

コインランドリー経営で稼ぐことができる収益は? コインランドリー経営をする時に気になるのが収益です。
無資格で始められるなどハードルが低い業種ですが、初期費用が高いというデメリットもあります。
運営しながら返済しなければならないので、収益が安定しているかどうかが重要になります。
もちろん必ず保証されている収益なんてありませんが、設備や安定した稼働率から考えると坪3万円程度が標準です。
例えば10坪程度の小型の店舗であれば、月30万円と考えるとわかりやすいでしょう。
もちろん初年度からこのような額が得られることはありません。
集客ができてリピーターが付いたら達成できるぐらいのデータです。
コインランドリー経営で難しいのは、いかに稼働率を高くするかです。
顧客が来なければそれだけ稼働率は低くなるし、洗濯機1台の回転率が悪ければそれも影響します。
そして稼働率が低いときは家賃や税金、メンテナンス費用、清掃費用などが大きく負担になります。
少しでも良い状態にするためには、認知度を上げることとリピーターを増やすことです。
それには2年ぐらいはかかると考えておくべきです。
坪3万円程度になるまでには2年かかること、それまでにかかるランニングコストを初期費用として考えておくことが重要です。

コインランドリー経営が副業に適している理由

近年、副業でコインランドリー経営を始める方が増加しています。
現在、コインランドリーの数は年々増加しており、全国に21,000店舗以上のコインランドリーが営業していると言われています。
コインランドリー経営が人気を集める要因はいくつかありますが、まず挙げられるのは人件費がかからないことです。
コインランドリーは、基本的に無人で営業できるので、清掃や集金などに人を雇った場会でも人件費がほとんどかかりません。
加えて、使われる設備は操作に特別な知識が不要なので、誰でも気軽に始めることが可能です。
利回りが高いのもコインランドリー経営が人気を集める要因のひとつです。
コインランドリーの平均利回りは8~12%と言われており、不動産投資などと比べて利回りが高くなっています。
また、即時償却を利用すれば、設備の導入に要した初期費用を経費として利益から差し引くことができるので、多額の節税効果も期待できます。
以上のような特徴があるため、コインランドリー経営は副業に最適なビジネスとして注目を集めています。

メインターゲットを決めることが重要!?コインランドリー経営で成功を獲得

コインランドリーは、都市部を中心にした小規模タイプの都市型店舗や郊外を中心にした大型タイプの郊外型店舗の2つの種類があります。
いずれも、コインランドリー経営ではメインターゲットをしっかり定めることが成功に導くためのポイントになって来ますが、都市型タイプの場合は学生さんや独身の人々が主な利用者であり、郊外型店舗では主婦層などの女性が主な利用者になって来るので、都市型と郊外型ではコインランドリー経営の客層は異なることが分かるのではないでしょうか。
一昔前のコインランドリーの場合は、独身さんなどの単身者がターゲットになっていたけれども家庭に乾燥機付き洗濯機の普及に伴い、大物もしくは大量の洗濯物などのように自宅では処理が難しいときに便利な大型のコインランドリーが多くなっていて、このようなお店のメインターゲットは主婦やファミリー層などです。
そのため、コインランドリー経営を始めるとなったときには、どのようなお店にするのかで客層が変わります。

コインランドリー経営を成功させるために重要な立地条件

コインランドリー経営を成功させるために重要な立地条件を3つ紹介します。
まずは、利用者の多いファミリー層が多く住んでいる、住宅街の近くであることが最重要条件となります。
一人暮らしよりも、子供のいる家庭のほうが洗濯物の量が多いため、できれば共働きの家族が多く住むような場所が理想的です。
次に重要なのは、食品スーパーなどの人の流れがよい場所で、さらに目立つ場所が最適です。
集客力のある商業施設の道路沿いや、商業施設の近くで店舗を見つけやすい立地はコインランドリー経営に向いています。
最後は駐車場の有無と広さです。
洗濯は毎日せずに、1週間分の洗濯物や布団をまとめて車で持ち込んでくる利用者も多くいます。
また駐車場があったとしても、利用者には女性も多いため、車で駐車場に入りにくかったり、狭くて車を停めにくく、大量の洗濯物が出せなかったりすると利用者減につながります。
そのため、できるだけ広々とした駐車場が良いでしょう。

コインランドリー経営は儲かるもの?独自性が出しやすいのは?

コインランドリー経営は薄利多売といわれているのですが、薄利多売は利益を薄くして品物を多く販売して全体としての利益を上げることを意味します。
そのため、なるべく多くのお客さんに利用して貰って稼働率をアップすることが利益拡大に良い効果を期待できることが分かるのではないでしょうか。
仮に、近所に競合店が増えて来ると利益が下がることになるけれども、このようなときでも収益を落とさないようにすることと他店との差別化を行う工夫が重要になって来ます。
洗濯や乾燥などのサービスそのものに大きな差がない場合でも、付加価値を設けておけばリピーターの獲得に繋がります。
コインランドリー経営では客層のターゲットを絞り込むことも重要といわれているのですが、女性をターゲットにしている場合などでは、一人でも入店しやすいことや子供連れでも待ち時間が少ないなどニーズに合わせたアイディアが必要になって来ます。
フランチャイズの場合は一定の制約があるので直接経営の方が独自性は出しやすいといえましょう。

コインランドリー経営をするならフランチャイズが良い理由

昨今では都心部だけでなく、郊外でもコインランドリーを多く見かける時代となりました。
一人暮らしの方はもちろんのこと、ファミリー世代でも利用をされる施設であるため、高い需要が望めます。
これからコインランドリー経営をしようと思われる方も大勢いるでしょうが、ここではコインランドリー経営をするならフランチャイズが良い理由を述べていきましょう。
その理由とは、土地・建物を運営会社側が用意をしてくれるからです。
個人で1からスタートするには、まず店舗を確保しなくてはいけません。
約2000万円近くのコストとなる場合もありますが、フランチャイズの場合は約200万円でスタートできるのも魅力です。
なぜこれほどのコストの差があるのか、それは後者の場合は毎月一定の契約料を支払うからになります。
コインランドリー経営の場合、個人で運営をするよりも大手の名前を掲げておこなう方が高い集客を見込むことも可能です。
そのため、グループに入る魅力があるわけです。

コインランドリー経営のおすすめサイトはこちら

コインランドリー経営