コインランドリー経営の疑問はここで解決!

コインランドリー経営に必要なコスト

コインランドリー経営に必要なコスト インランドリー経営に必要な費用として、初期投資とランニングコストがあります。
初期投資が意外と高いことで驚くかもしれません。
必要な設備として店舗と洗濯機、乾燥機になりますが、2,000万円程度は覚悟が必要となります。
店舗を更地から作るか賃貸かによっても変わってきますが、内装工事などを行うことであまり変わらないぐらいになるかもしれません。
設備は洗濯機が20万円で、乾燥機が80万円程度です。
それが必要な台数分だけかかってきます。
それに加えて税金も無視できません。
コインランドリー経営ではランニングコストも重要で、水道代や家賃、メンテナンス代や清掃業者費用などがあります。
これらは立地や規模によっても変わってきますが、最低でも100万円ぐらいはかかると思っておいた方がいいでしょう。
その他にも防犯対策が必要なこともあり、追加でかかることもあります。
これらの支出を売上でカバーできるような経営を計画しなければいけません。

コインランドリー経営は将来性をしっかりと考える

コインランドリー経営は将来性をしっかりと考える コインランドリー経営は、資格も不要で開業できることや空き地の有効活用になることから始めたいと考える人が増えています。
ただし、安易に考えると失敗する恐れが高いので注意しましょう。
特に気にしなければならないのは、将来性ということです。
始めることが容易な分、競争相手もできやすく、すぐに経営が困難になることがあります。
その場合、他者との差別化が大切ですが、そのための設備投資を継続的に続けていかなければいけません。
コインランドリー経営で重要なことは、高い稼働率を維持することで、かなりの経営力を必要とします。
魅力があり集客力を高めて、使いやすさを期待できるコインランドリーを目指す必要があります。
それを長い間維持することは、かなり難しく淘汰される恐れが高い業種と言えます。
計画を立てる時には、目標とする期間を決めて始めるといいでしょう。
5年や10年でどのように経営していくかを考えて、区切りにもう一度継続を検討することが重要です。